スタンガンの仕組みは?

護身用アイテムの1つであるスタンガン。
相手に電気ショックを与えることで自分の身を守ることが出来る強力な防犯グッズとしてご存じの方も多いはずです。
あくまでも相手を威嚇しひるませる目的に作られていますので殺傷能力や傷つけるわけではありません。
本体には電池と高圧パルス発生回路が収納されており本体の先端部には空中放電用の電極と攻撃用の電極が対になって付いています。
スタンガンは空中放電も可能なため、直接人体に当てなくても威嚇効果を発揮できます。
人体に押し付けて放電すると、体内に光電高圧電流が流れ、痛みとともに筋肉がこわばり体の自由が一時的に奪われます。

スタンガンの出力電圧は15万V~130万V前後までと幅広いです。
出力電圧によって威力が決まると勘違いされていますが、スタンガンの威力は単順に出力電圧だけで決まるものではありません。
と言うのも、内部の回路によって発生する電圧と通電する電流の能力差がありますので必ずしも出力電圧とイコールではないからです。

スタンガンによる攻撃を受けると接触した部位に小さな火傷のような水ぶくれが出来ることが有ります。
ただ症状としては軽いものが殆どで、2,3日もすれば回復するレベルで、後遺症の心配はありません。
安全性の高い護身用グッズとして日本でも人気です。分譲太陽光発電の投資手法は?メリットやデメリットは?

スタンガンの仕組みは?