電車の走る仕組みってどうなってるの?

交通手段の1つとして多くの人が利用する電車。
毎日沢山の人が移動するために使用していますが、電車はどのようにして走ったり止まったりしているのでしょうか?
ここでは電車の走る仕組みについて見ていきたいと思います。

線路の上に電線があるのはご存知かと思います。
この電線は電車線と言い電車に電力を供給する役割を果たしています。
電車はこの電車線から電気を取り入れて走っているのです。
電気は電車の屋根の上に取り付けられたパンダグラフから電気を取り出しています。
ですから自動車のように燃料を補充しなくても長距離運転が可能なのです。
電気は電力会社の発電所から送られてきますが力が強いため鉄道会社の変電所にて使いやすい電気へと変え、電車線や駅に送っているのです。
電気によってモーターを回し動力にしていますので、早くするのは勿論の事、遅くしたりブレーキの制御を行うことも出来ます。

全ての電車がパンダグラフにて電気を取り入れて走っているわけではありません。
中にはパンダグラフのない方式を採用している電車も有ります。
このような電車は線路内に3本目のレールを敷き、電車の台車に取り付けられてコレクターシューを接触させて電気を取り入れて走っています。気になる人はコチラから

電車の走る仕組みってどうなってるの?

スタンガンの仕組みは?

護身用アイテムの1つであるスタンガン。
相手に電気ショックを与えることで自分の身を守ることが出来る強力な防犯グッズとしてご存じの方も多いはずです。
あくまでも相手を威嚇しひるませる目的に作られていますので殺傷能力や傷つけるわけではありません。
本体には電池と高圧パルス発生回路が収納されており本体の先端部には空中放電用の電極と攻撃用の電極が対になって付いています。
スタンガンは空中放電も可能なため、直接人体に当てなくても威嚇効果を発揮できます。
人体に押し付けて放電すると、体内に光電高圧電流が流れ、痛みとともに筋肉がこわばり体の自由が一時的に奪われます。

スタンガンの出力電圧は15万V~130万V前後までと幅広いです。
出力電圧によって威力が決まると勘違いされていますが、スタンガンの威力は単順に出力電圧だけで決まるものではありません。
と言うのも、内部の回路によって発生する電圧と通電する電流の能力差がありますので必ずしも出力電圧とイコールではないからです。

スタンガンによる攻撃を受けると接触した部位に小さな火傷のような水ぶくれが出来ることが有ります。
ただ症状としては軽いものが殆どで、2,3日もすれば回復するレベルで、後遺症の心配はありません。
安全性の高い護身用グッズとして日本でも人気です。分譲太陽光発電の投資手法は?メリットやデメリットは?

スタンガンの仕組みは?

エレキギターの音が出る仕組みは?

エレキギターとは木のボディの上にピックアップと呼ばれる部品等を付け、鉄弦が張られ機械を使って電気的に音を増幅させる楽器です。
そのまま弾くと音は小さいですので、機械があって初めて性能を発揮させることが出来ます。

弦に振動を与えると音が発生しますが、エレキギターにはピックアップという磁気コイルが搭載されておりこれによって音を電気に変えて伝えています。
仕組みはモーターと同じで電気を流すと回る、モーターを回すと発電する2つの動作をすることができます。
エレキギターの場合は弦が振動することで発電されます。
ピックアップから流れてきた電気はギターアンプに出力され、送られてきた電気信号を音に変えて出します。
エレキギターはそのままでも音は出ますが音のトーンやボリューム調整を行うといったことはアンプがないと出来ませんので、エレキギターはアンプがあって初めて本来の能力を発揮させることが出来るといえます。

ピックアップはエレキギターの心臓部とも言える非常に重要なパーツです。
これがないと弦の振動を電気に変える事ができません。
ピックアップにはコイルが使用されており、電源無しでも音声を電気に変えることが可能です。

ギターには金属の棒が付いておりこれをフレットと言います。
音程はフレットによって決められています。
ペグと呼ばれる部分に弦を巻きつけ弦の張力を調整することで音程を合わせることが出来ます。土地付き太陽光発電のメリットとデメリットはなに?

エレキギターの音が出る仕組みは?